アイフル借り入れ方法

カードローンの利便性は借り入れ方法が多彩にあることです。

アイフルの借り入れ方法

  • アイフルATM
  • 提携CD・ATMの使用
  • インターネット
  • 電話からの振込予約

での借入などがあります。




スポンサーリンク

ATMを利用した借り入れ方法

ATMを使用した方法は最も一般的で、ATMの稼働時間ならいつでも借りることができます。

早朝・深夜に借りたいシーンは少なくないため、カードは持っておいたほうがよいでしょう。

カードなしで借りられるフリーローンもありますが、基本的に店舗の営業時間内しか対応していません。

増額を受けるときは増額審査を受ける必要があるので、緊急時に借りることを考えるとカードローンのほうが便利です。

アイフルATMを使用する場合は手数料0円提携CD・ATMを利用する場合は指定の手数料が発生します。

インターネット振込みによる借り入れ方法

インターネットによる振込予約は、24時間いつでも予約することができます。

会員ページにログインしてから融資の手続きをしてください。

指定口座に振り込んでもらえるので、口座の残高不足を解消するためにも役立ちます。

即日中の振込にも対応しているので、すぐにお金を用意したい場合も重宝するでしょう。

口座への振込名義に関しては個人名を選択することが可能なので、周囲に内緒にして借りたい場合におすすめです。

もちろんアイフルの社名で振り込んでもらうことも可能です。

振込予約は?

振込予約は電話からも対応しており、女性専用ダイヤル、会員様専用ダイヤルを使用して振込予約をします。

アイフルのカードローンは店舗融資に対応しておらず、対応可能なのは不動産担保ローンに限定されます。

ATMで借り入れする場合の注意点

ATMで借り入れする場合の注意点は、返済期限当日に借りる状況では先に返済を済ませる必要があることです。

これは借りすぎ・使いすぎを防ぐための仕組みであり、借りたお金を返済に回さないようにするためです。

カードローンはその利便性の高さから借りすぎになりやすいので、限度額を少なく設定するなどの工夫が必要でしょう。

たくさん借りるほど返済金額が増えてしまうため、申し込み時の希望額はあまり大きくしないようにしましょう。

失敗しない借り入れ方法の基本は、返済回数を1回にすることを意識して借りることです。

これを常に意識しておけば、借りすぎるリスクは最小限に抑えられるでしょう。

借りすぎの理由はシンプルであり、返済回数を増やしてしまうことにあります。

例えば10回返済でも大丈夫だと自分で決めてしまえば、必然的に借りられる金額は大きくなるでしょう。

必ず1回で完済すると決めておけば、借りすぎに陥ることはないはずです。

カードローンを安全に利用するのは自分の心がけ次第なので、基本的に増額融資は受けないのが好ましいです。

増額で借りたい場合は、前回借り入れ分を完済するように意識すれば安全に利用できるでしょう。

1回で返済できる金額を借りることで、利息を抑えられるメリットも期待できるので完済までの総額も減らせます。

次回給料日に完済する使い方をするのが最も安全だと言えます。







スポンサーリンク