アイフル返済方法

カードローンを選ぶときは借りやすさを重視する方が多いでしょうが、それと同じくらい大切なのが返済方法が豊富に用意されていることです。

小規模運営をしている街金と比較して大手のアイフルが違うところは、利用者に応じた返済方法を選択できることにあります。

街金だと振込、店舗などで返す方法しか用意されていないことがありますが、

アイフルは

  • 振込
  • 店舗
  • 提携ATM
  • コンビニ
  • 口座振替

などに対応しています。




スポンサーリンク

振込による返済方法

振込による方法アイフルの指定口座に振込する方法で、ご契約の金融機関に来店したときに利用したり、店舗やATMに行く時間がないときなどにおすすめです。

振込手数料は自己負担となるので、例外を除いてあまり利用しない方法と言えるでしょう。

店舗による方法

店舗による方法アイフルの店頭窓口が活用できます。

店舗では原則としてカードローンの借り入れはできませんが、返済には対応しています。

営業日・対応時間などをよく確認してから利用してください。

店舗を出入りするのは避けたいという方は、アイフルや提携ATMから返すのがおすすめです。

コンビニや一部の銀行などもATM提携をしていますが、手数料が発生する点は覚えておきましょう。

1万円以下の利用では108円、1万円超だと216円が手数料として発生します。

アイフルのATMを利用すれば手数料は1円もかかりません。

コンビニ返済はマルチメディア端末を使用した方法にも対応しており、土日・祝祭日に関係なく利用できます。

返済可能時間は7時~23時30分となり、レジで手続きを行ってください。

申込券の発券時間は7時~23時となっています。

口座振替による方法

口座振替による方法は事前に手続きが必要ですが、最も楽な方法と言えるでしょう。

登録手続きは

  • 口座振替依頼書を郵送する方法
  • 店頭窓口や会員ページで手続きする方法

などがあります。

指定日に必ず出金されるので、忙しい方に最適と言えるでしょう。

多忙になるとATMに行くのが面倒になることが多いので、口座振替を設定しておき期日までに入金しておくようにしましょう。

給料振込用の口座を設定しておき、出金分を常に口座に残しておく習慣を身につけておくといいです。

あとがき

お得にカードローンを利用するためには、なるべく早く返すことが基本となります。

実質年率で利息が決まると考えている方は多く、確かにこれは間違ってはいませんが、それ以上に影響するのが借り入れ総額・期間です。

たくさん借りて返すのに時間がかかれば、それだけ利息は大きくなっていきます。

利息を節約するためにも、一括返済を活用していきましょう。

完済した時点で取引をしていない状況となり、利息は1円も発生しません。

カードローンは借り入れしたときに初めて利息がつくものであり、借り入れゼロだと利息はつかないのです。

ボーナスを利用して完済するのも可能ですが、一番よいのは1回で返す習慣をつけておくことでしょう。

カードローンは常に1回で返すと決めて使っている方は女性に多く、利息の支払いを最小限に抑えています。







スポンサーリンク