アイフル

アイフルでカードローンを利用している方は、会員ページをうまく活用してください。

ログイン方法は簡単で、カード番号と暗証番号を入力してログインするだけです。

会員ページはパソコンやスマホ、携帯などのインターネットから利用できます。




スポンサーリンク
会員ページでは、

  • 口座照会
  • 限度額の増額
  • 振込融資の手続き
  • aiメールによるお知らせサービス
  • 各種登録・変更

などが行えます。

またアイフルにお問い合わせする場合にもおすすめです。

口座照会

口座照会では利用残高を確認することができます。

そのほか安全な融資額を調べたり、返済総額などもわかります。

安全に利用するためには月に1回はシミュレーションをして、借りすぎないことが大切です。

返済が大変になってしまう理由は、すべて借りすぎにあると考えてよいでしょう。

シミュレーションをするときは完済までをイメージして、毎月の返済に無理がないか調べておきます。

無理のある返済になってしまう理由は、返済能力を超えた借り入れにあるのです。

限度額の増額

限度額の増額も専用ページから簡単に手続きが可能で、万が一に備えて増額しておく方もいます。

特に増額する必要性がないと感じる場合は、現在の枠のままにしておくのがよいでしょう。

枠が大きくなるほど、ついつい借りてしまう可能性が大きくなるからです。

使えるお金があるとわかれば、自然と気持ちが大きくなってしまうでしょう。

借り入れが大きくなるほど利息も増えると常に考えておきましょう。

振込融資の手続き

振込融資の手続きでは、14時10分までに手続きをすることで、即日で指定口座に振り込んでもらえます

口座残高が不足しており、他のローンや公共料金引き落としが足りないという状況で役立ちます。

プライバシー性の高い借り方でもあるため、ATMで利用するところを見られるのに抵抗がある方にもおすすめです。

口座振込をしてもらうことで口座に利用金額が記入されますから、今後の返済計画を立てていくためにも役立つでしょう。

aiメールによるお知らせサービス

aiメールサービスは、返済期日の直前にメールでお知らせしてもらえるものです。

カードローンを初めて利用したときは延滞なくコツコツと返済するものですが、慣れてくるにつれてうっかり忘れの可能性が高くなってきます。

これを防ぐためにはカードローンの借り入れ件数を減らしていく方法が効果的ですが、事前にお知らせしてくれるaiメールも重宝するでしょう。

各種登録・変更

ローンは延滞すると利息のほかに遅延損害金が発生しますし、延滞することで信用力を落とすことになります。

何度も延滞をすると契約内容に影響することもあるので、延滞しないための返済方法を選んでおく必要があるでしょう。

口座振替を設定しておけば忘れる心配がほとんどないので、返済方法で迷っている方におすすめします。

アイフルは一括返済にも対応しているので、利息を節約したい方は利用してください。

ローンを無難に返済する回数は3回以内に抑えるのが好ましいと言われています。

最高3回と考えておけば借りすぎを防ぐことにもつながります。







スポンサーリンク