カードローンとキャッシングの違いとは

現在はカードローンとキャッシングは同義として扱われることが多いですが、厳密にはやや違っています。







スポンサーリンク

違いはカード発行の有無

キャッシングの中でもカードを使用して借入できるタイプカードローンと呼んでおり、カードが発行されないタイプキャッシングと呼ぶのが普通です。

キャッシングはカードを使用せずに借入ができるので、カードローンより広い意味合いがあると考えてよいでしょう。

緊急でお金が必要になったときは、融資までの時間で選択する方が多いでしょう。

これは問題ありませんが、今後の借りやすさも考えておく必要があります。

カードを利用できるタイプだと、店舗の営業時間外でも借りることができます。

例えば店舗は17時で閉店する場合でも、コンビニATMに対応していれば深夜の借入が可能です。

出費はあるとき突然にやってきますから、万が一のことを考えてカードありのローンにしておくのが得策でしょう。

最近はネットバンキングで利用する方が増えてきましたが、ネットで借りる場合の使い方は口座振込が一般的になるでしょう。

口座の残高不足を解消するために使われることが多いです。

公共料金の支払いが不足している場合に、振込ローンを利用して指定口座に振り込めば残高不足を解消できます。

他社ローンの支払いが足りないときも、一時的に借りるという方法が役立ちます。

ローンの延滞は信用力を落とすため、延滞するくらいなら一時的に新規ローンで借入して返済したほうが安心です。

このように利便性の高いネットでの借入ですが、手元にすぐにお金が欲しいときがあるでしょう。

口座に振り込んでもらうのではなく、寂しい財布を満たしたいと考えるときがあるはずです。

そんなときは、やはりカードで借入できるローンに勝るものはありません。

カードローンの便利さを味わってしまうと、カードのないローンは物足りなくなるでしょう。

コンビニ帰りに気軽に借入できますし、返済するときも楽です。

深夜に借入して3日後の早朝に返済するなんて利用法もありですし、何よりコンビニATMは多くの金融機関と提携しているのでローンの利用だと怪しまれません。

コンビニATMを操作しているときに家族と出くわしても、ローンだとはバレないのです。

財布にお金が少ないとき、飲み会でお金を使いすぎて帰宅費用がなくなったとき、などはカードローンが役立ちます。

カードを発行しておいて損はないので、普段はネットキャッシングばかり使用するという方もカードは発行しておきましょう。







スポンサーリンク