給料日の前などは冠婚葬祭などで急にお金が必要になると困ってしまいます。

知り会いに頭を下げてお金を借りる人もいますが、誰にも迷惑をかけずにお金を借りたいならば、金融業者が扱うキャッシングを利用するといいでしょう。

担保や保証人を用意する必要はないので簡単な手続きで借入がおこなえます。



スポンサーリンク
キャッシングの申し込み時に必要な書類は、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と、源泉徴収票や給与明細書などの所得証明書です。

借入金額によって所得証明書は必要ないこともあるので申込む前に確認するといいでしょう。

引越しをして本人確認書類の住所と現在住んでいる住所が違う場合がありますが、そういう時は住民票の写しや現在住んでいる住所が記載されている公共料金の支払領収書を一緒に提出してください。

キャッシングは最近は消費者金融だけでなく、銀行も扱うようになりましたが、銀行と消費者金融の大きな違いは総量規制がないことです。

消費者金融では総量規制がある関係で年収の3分の1までしか借入することができませんが、銀行ならば総量規制がないので年収を気にすることなく借入ができます。

年収がまったくない専業主婦の場合は消費者金融では借入を断る所がほとんどですが、銀行では配偶者に安定した収入があることを条件に専業主婦でも借入ができる所もあります。

キャッシングに申し込めば誰でも借入ができるというわけではなく審査に通る必要があります。

審査基準は金融業者によって違いますが、ほとんどの金融業者が返済能力を重視します。

過去に返済延滞をおこしていると返済能力が低いとみなされ審査に落とされてしまいます。

自分はクレジットカードやカードローンの返済延滞を起こしたことはないから大丈夫と思っている人もいますが、過去に携帯電話の支払延滞や通販の支払延滞を起こしているだけでも審査に通るのが難しくなります。

他社からの借入がある場合も正確に申告をすることが大事です。

どうしても審査に通りたいからと胡麻化して申告する人もいますが、信用情報機関で履歴を調べられると胡麻化して申告したことがばれてしまいます。

嘘の申告をすると、この人は信用できない人と思われるので審査に通るのは難しくなります。

パートやアルバイトで生計を立てている人は、安定した収入がないのでキャッシングには申し込めないと思う人もいますが、収入は少なくても毎月決まった収入が入ってくれば十分安定した収入とみなされます。

ただし勤務して間もない人は安定した収入とはみなされないので、ある程度の期間働いてから申込むといいでしょう。

キャッシングの審査には、申込んだ用紙に書かれた勤務先に本当に働いているか電話で確認する在籍確認の審査があります。

金融業者名を出すことはなく担当者の個人名で電話をかけるので、周りの人には金融業者から借入をすることは知られずにすみます。

本人が外出中でもそこの職場に在籍していることがわかれば在籍確認審査は終了となります。







スポンサーリンク