キャッシング利用がばれる

キャッシングを利用する際に、家族にばれたくないと願いながら利用する人は多いものです。

しかし利用途中で家族にバレてしまうことは多く見られます。




スポンサーリンク

家族にキャッシング利用がばれるケース1:郵便物として送られる利用明細

家族にキャッシングを利用していることがバレるケースは、様々なケースが考えられますが、その中でも一番多いケースが利用明細を見られてしまうということです。

キャッシングを行う際には、借り入れ時や返済時に、明細書を必ず明示するように法律で決められています。

そのためその時に発行される明細書を家族に見られてしまうというケースが最も多く見られます。

その中でも特に多いシチュエーションとしては、利用明細が自宅に送付された時です。

郵便受けなどに入っているはがきや封筒を見られてバレるケースが多く見られます。




スポンサーリンク

家族にキャッシング利用がばれるケース2:利用明細書の保管ミス

そのほかにも意外にも多いのが、自分の管理が甘く、うっかりとしたミスでバレてしまうというケースです。

キャッシングを利用する人の多くは、コンビニなどに設置されているATMを使い、借り入れや返済などを行っています。

その時にATMから発行される利用明細書の保管が甘いことから、何らかの形で家族に見られるということが多く見られます。

つまり本来はバレなくてもよいのに、バレてしまうというケースです。

例えば財布やかばんなどの中に利用明細書を入れておいて、うっかりと見られてしまったというケースがあります。

新聞の集金が来た時に手が離せないので財布から支払いをお願いしたところ、財布の中にカードと利用明細が入っていて見られてしまったなどがあげられます。

そのほかにも机や引き出しなどに無造作に置いてあったのを見られてしまったり、ごみ箱に捨ててあったの拾われたというケースが多いでしょう。

利用明細書から家族にばれることを防ぐためには、ウェブ明細を採用しているカードローンを選ぶと良いでしょう。

ATMなどで受け取った明細は見られないように管理し、不要なものはすぐに始末するようにしましょう。




スポンサーリンク

家族にキャッシング利用がばれるケース3:延滞などによる督促状を見られる

そして督促状のはがきや手紙を見られてかれるというケースも多く見られます。

これは延滞することによりキャッシング会社から督促状が届いて、それを見られるというケースです。

これはたとえ明細をウェブ明細に選択しておいたとしても、支払いが滞れば督促状が送られてきます。

これを防ぐためには、期日通りに返済して滞納しないこと、携帯電話にかかってきた電話やメールを無視しないことなどで、家族にバレることを防ぐことができるでしょう。







スポンサーリンク