どうしても急いでまとまったお金を用意しなければいけない時は、金融業者のキャッシングを利用したいと考える人もいることでしょう。

しかし審査に時間がかかってしまうとすぐにお金を借りられません。

以前の金融業者は担当者の独自の判断でお金を貸していたので、面談での印象で結果が変わるということも良くありました。

しかし現在は属性スコアリング審査システムを導入している金融業者も多く、審査の時間も大幅に短縮されるようになりました。

金融業者によっては最短30分で結果が出ることもあるので、急いでお金を借りたい人にとってはとても助かります。



スポンサーリンク

スコアリングとは申し込み者の年齢や職業などの属性を数値化し点数を付けていくシステムです。

合計点数が一定の基準に達していれば与信化となり、達していなければ与信不可となります。

コンピュータが自動r的に結果を出すので公正で短時間での審査が可能というわけです。

自社のスコアリングは利用者が多ければ多いほと制度が高くなるので、利用者の多い大手の金融業者の方がより正確な結果がだせます。

属性スコアリングと同時に他の金融業者と共用する信用情報も重要視されます。

信用情報は信用情報機関を使い調査することになります。主に他社からの借入状況や返済延滞や債務整理などの金融事故について調べます。

他社からの借入を間違って申告する人もいますが、信用情報機関で調べられると間違いの申告がわかるので気をつけてください。

間違って申告をするとこの人は嘘の申告をしていると思われ信用がなくなってしまいます。

返済延滞もしっかり信用情報機関の履歴に残っているので、過去に返済延滞をおこした人は気をつけてください。

最近はスコアリングにより審査時間が短くなったので、即日キャッシングをおこなう金融業者も増えてきました。

ただし即日キャッシングをおこなうには受付時間が決まっているので注意が必要です。

特に振り込みで融資を受ける場合は銀行が営業している時間内に手続きを終える必要があるので、できるだけ余裕をもって手続きをするといいでしょう。

どうしてもその時間に手続きが難しいという場合は、自動契約機を利用する方法もあります。

夜遅くまで営業しているのでその場でカードを発行してもらい、ATMから即日キャッシングができます。

キャッシング審査には職場に電話をかける在籍確認もあります。

これは本当に申し込み用紙に書かれた職場で本人が働いているか、職場に金融業者の担当者が電話をかけて確認するものです。

職場に金融業者から電話がかかってくるのは不安という人もいますが、担当者の個人名を名乗るので周囲には金融業者を利用することを知られずにすみます。

確認の電話も簡単な内容なので、仕事に影響が出ることはありません。

どうしても職場に電話をかけてきて欲しくないという場合は、担当者に相談してみるといいでしょう。

場合によって給与明細書や会社の健康保険証など、その職場で働いていることが証明できる書類を提出することで在籍確認の代わりになるケースもあります。







スポンサーリンク