プチキャッシングを理解する前にはキャッシングの仕組みを知っておく必要があります。

キャッシングは英語のキャッシュ(現金)を意味する言葉で、要はお金を借りられるサービスのことを言います。

お金を借りるものとしてはローンがありますが、ローンとの違いとしては限度額を設けてその枠内であれば自由にお金を借り入れられるというものです。



スポンサーリンク
例えば、それまでのローンとしては、住宅ローンや自動車ローンなどがありますが、これらを利用する場合にはそれぞれの目的に応じて審査を受ける必要があります。

つまり1つの借り入れに対して毎回審査を受けなければならず急ぎでお金を必要とするのには不向きです。

反対に慎重な審査が行われるので借り入れできる条件が厳しいものの金利も低めですし、銀行などの主力商品でもあるのでその他のサービスでの優遇を受けるといったことが可能です。

その一方でこのような目的を持った借り入れではなく日常生活において必要になったお金を用立てたいといったさいに使えるようにしたのがキャッシングです。

これらのサービスを提供しているのは消費者金融や銀行などで銀行などの場合には区別するためにカードローンとも呼んでいます。

特にカードローンの場合には、ATMやCDを使ってお金を借り入れできる利便性の高いサービスとしてスタートしましたが、現在の大手消費者金融でもATMやCDを使ってお金の借り入れができるようになっているので、消費者金融によってはカードローンという名称を使っています。

ただいずれにしても共通していることは事前に審査を行って利用限度額を設定しその範囲内であればいつでもお金を借りられる。それがキャッシングです。

利便性の高いキャッシングですが、一方で利便性が高いぶん金利は高めです。

これは銀行のカードローンなども同様であり、はじめて借り入れる人であれば低くても年利15%、多くは年利18%が設定されます。

もちろん信用力の高い人、つまり収入の多い人ほど低金利の商品を利用できる可能性はありますが基本的には目的をもったローンと比べると最初は高金利です。

また一定の信用力が必要ですから誰でも利用できるというわけではありません。

一方で誰でも借り入れが出来るようにしたのがプチキャッシングと呼ばれるものです。

プチキャッシングでは利用限度額を最初から低く設定し、また金利も固定することで誰でも利用をしやすくしたものです。

多いのが上限が10万円または5万円で金利が年率18%に固定されているものです。

主なターゲットはそれほど大きなお金を借りたくない人や信用力の低い人などが中心で、特に女性向けのものに多く見られます。

借り入れできる単位も1000円単位と少額に設定されているので使い方としては足りなくなった生活費に当てたり、ちょっとした買い物に必要なお金を用意するといったものです。

また限度額が低く設定されているので借りすぎを予防することができるのもプチキャッシングのメリットです。







スポンサーリンク