プロミス 返済方法

返済方法の種類の多さが、プロミスカードローンの大きな特徴です。

店頭窓口の他、ATMやインターネット、銀行振込とコンビニで支払い、口座振替が可能です。




スポンサーリンク

プロミスカードローンの返済方法は?

店頭窓口なら現金でその場で支払うだけで完了です。

営業時間内に訪れましょう。

ATMプロミスのものと、提携先のATMが使えます

カードを使って機械を操作することで可能です。

ATMの場合も営業時間内に実行してください。

コンビニATMのような営業時間が長い店舗だと、好きなタイミングで支払えますので便利です。

注意しなければならないのが、提携先ATMの場合は借り入れに対応しても支払いには対応できない種類があることです。

銀行のATMだと、親和銀行広島銀行八十二銀行対応不可です。

その他の銀行ATMを使ってください。

インターネットはパソコンやスマートフォン、携帯電話から24時間実行できます。

指定の銀行によるインターネットバンキングを利用した方法です。

三井住友銀行三菱東京UFJ銀行ジャパンネット銀行みずほ銀行楽天銀行が対応中です。

振込手数料は一切発生しません。

土日祝日の手続きでも直ちに振込が反映されますので、期日までに返済しやすい魅力があります。

銀行振込による手段は、一般的な振込と同じです。

プロミスの口座に振込んで完了ですが、手数料が発生しますので注意しましょう。

コンビニはマルチメディア端末を使って支払います。

ローソンやミニストップに設置のLoppi、ファミリーマートに設置のFamiポートが利用可能です。

これらのマルチメディア端末は支払いのみに対応しており、借り入れはできません。

手数料無料でとてもお得です。

セブンイレブンならば、セブン銀行ATMを利用して支払いましょう。

口座振替は口フリというサービス名です。

指定の銀行口座から自動的に引き落とされる方法です。

公共料金や携帯電話、クレジットカードの支払い方法でおなじみの手段となります。

手数料無料で、口座残高さえあれば何もしなくても支払いが完了しますから、期日を忘れる心配がないのがメリットです。

三井住友銀行とジャパンネット銀行であれば5日と15日、25日と月末のいずれかを選択できます。

その他の金融機関だと毎月5日に固定されます。

口座振替以外の返済方法の場合にも、定められた期日までに支払わなければなりません。

期日が土日祝日や年末年始に当たった場合には、プロミスの翌営業日に期日が変化しますから、その日までに支払を済ませましょう。

支払いの金額は残高スライド元利定額方式の仕組みが採用されており、確定日の時点のカードローンの利用残高に応じて、次回の返済額が決まります。

1000円未満は切り上げの扱いです。

借りた金額に加えて、次回の返済までの利息分も含んで支払わなければなりません。

一括返済の利用も可能ですので、利息の負担を減らしたい場合に活用すると良いでしょう。

期日に遅れてしまうと翌日から延滞利息のペナルティが発生しますから、必ず期日を守ってください。







スポンサーリンク