モビット 返済方法

モビットでカードローンを行った場合、返済を行っていくことが必要になります。

申し込みを行う前に、モビットのホームページで返済シミュレーションを行うことが可能になっていますので、毎月の返済額、返済月数などを修正しながら、何度でも試算を行うことができますので、とても便利で、無理のない返済計画を立てやすくなっています。

シミュレーションにおいて算出される結果は、あくまで参考値になりますので、実際の申し込みについては、モビット側が顧客からの詳細な情報に基づいて審査を行い、金利が決められることになります。

そのため、シミュレーションの内容と実際のカードローンの契約内容は変わる可能性があることを、理解しておくことが重要になります。




スポンサーリンク

モビットカードローンの返済方法は?

モビットカードローンで借りたお金の返し方は、お客様の都合に合わせて選ぶことができるようになっています。

銀行やコンビニエンスストアなどに設置されている提携ATMで、現金を使って支払うことがもっともシンプルな返済方法です。

提携ATMはあちこちに設置されていますので、日本全国どこにいても支払いができるようになっています。

ただし、ATMの利用時間は設置場所によって異なるため、実際にお金を返しに行くまえに確認を行って置く必要があります。

また、コンビニエンスストアなどに設置されているATMでは、一部支払いができないところがありますので、この点も確認が必要です。

三井住友銀行のATMであれば、手数料無料で支払いを行うことができます。

また、セブンイレブンに設置されているセブン銀行のATMであれば、コンビニエンスストア内に設置されていますので、いつでも支払いを行うことができ、便利になっています。

三菱東京UFJ銀行または三井住友銀行普通預金口座を持っている場合であれば、毎月自動引き落としで、お金を返していくことも可能になっています。

この場合、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の銀行口座に必要資金を入金しておくだけになりますので、ATMに行って現金を支払ったりする必要はありません。

また、銀行振り込みによって、カードローンを返していくこともできるようになっています。

お客様が持っている銀行口座から、モビットカードローンが指定する預金口座へ資金を振り込むことによって、支払いを行うことができるようになっています。

なお、三菱東京UFJ銀行の24時間即時振り込みを利用して、平日18時以降、土曜日、日曜日、祝日、年末年始に振り込みをを行った場合は、翌営業日の午前中にお客様が振り込みをした日付にさかのぼって入金処理をしてくれるようになっています。

三菱東京UFJ銀行の口座があれば、自動引き落とし手続きを行うことなどもでき、このような特別処理を行うことができます。

そのため、モビットカードローンを利用する場合には、三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていると、いろいろな面で便利になっています。







スポンサーリンク