レイク 返済方法

レイクのカードローンでは、共通の決まった返済日というのがありません。

利用する人が自分の都合のいい日に引き落としをされる日を指定することができるので、例えば毎月10日が給料日の人は10日にといった具合にそれぞれに希望に合わせて日程を設定することができるのがレイクのカードローンの特徴です。

ですから給料日前が返済日でお金がなくて返済ができないといったことを防ぐことができます。




スポンサーリンク
通常は何かトラブルが起きることも考えて、給料日の数日後に引き落とされる日を設定しておくと、無理なく毎月お金を返していくことができるでしょう。

また設定した日の14日前からその月の分の振り込で早めに返すことが可能なので、お金に余裕がある時などは早めに振り込んで返していくこともできるようになっています。

返せる時に早めにお金を振り込んでおけば、利息を減らすことが可能なので、余裕があるのであれば、指定日よりも先にお金を振り込んでおく方がお得になります。

ただこのように返せる時に返してしまっていると、指定日が変則になってしまって自分でもわからなくなってしまうという可能性があります。

返したつもりが返してなかったとなると、延滞料が発生してしまうなど思わぬトラブルにもなりかねません。

レイクではそういったトラブルを防ぐために、引き落としの指定日の前にお知らせのメールを送ってきてくれますので、お金をいれ忘れていたなどのうっかりミスを防ぐことができるでしょう。

その他にもレイクのカードローンでは、月々に最低額の返済以外にもどんどんとお金を返していくことも可能です。

一括でまとまって振り込むことができればその分だけ利息分を支払わなくて済むというメリットがあります。

利息分を合わせてのその時の残高の確認は会員ページやフリーダイヤルでいつでも確かめることが可能になっています。

一括でなくてもお金に余裕がある時には、余裕がある分だけだけお金を返していくというやり方もあります。

毎月決められている額以上のお金を返していくと、利息を減らすことができますし、返せば返した分だけ完済する時期を早めることができます。

返済に関してはレイクのATMからいつでもできるので、返せる時に少しでも返しておけば、それだけ利息の額を減らすことにつながっていきます。

◎前もって返済する場合は注意が必要!

ただ注意しなければならないのは、その月の分は指定した日の14日前までだということです。

15日以上前に早めにお金を振り込んでしまうと、前の月の分に合算されてしまいますので、その月が返したつもりが返してなかったというようなことにならないように注意しましょう。

レイクのカードローンを利用する場合には、事前に計画を立てて毎月の支払額を無理のない金額に設定しておくことが大切です。

ホームページにある返済シミュレーションを利用すれば、月々にどのくらい返していけばいいのかなど利息などがすぐにわかるようになっているので、借り入れる前に利用してみましょう。







スポンサーリンク