主婦でもお金を借りられるキャッシングについて解説!

専業主婦で収入が無い、若しくはパートに出ていても月に収入が5万も満たない場合、クレジットカード会社と契約してカードを手に入れられる可能性は0に等しいと言えます。







スポンサーリンク

しかし、そのような可能性は[一般的な金融会社]の反応であり、特殊な金融会社は話が異なるのがポイントです。

審査基準は

  • “”ブラックリスト””と言われるデータに載っているか違うか
  • 月々に得ている収入が少ない者か
  • 一般的な収入を得ている者か
  • 信用が有るか無いか

です。

基準の軽い金融会社ならキャッシング機能のあるクレジットカードを手に入れることができる

しかし、審査基準が非常に軽い金融会社(アコムなど)なら、パートをしている兼業主婦でも契約して、クレジットカードを手に入れられます。

クレジットカードとは金融会社が提供するサービスの証の様な物です。

そのカードを使える状態であれば、持っている限り、ショッピング機能と「キャッシング機能」の二つが使えるようになります。

前者のショッピング機能はカード会社を介して、支払いが可能です。

しかし、あくまで立て替えと類似した形で支払うため、後に契約した金融会社に支払う義務(カードローン)が発生しますから、注意すべきです。

しかし、後者の「キャッシング機能」は所持しているカード専用・対応バンクで現金を借りる手段になります。

主婦がクレジットカードを手に入れれば、そのようなサービスは利用が可能です。

使えばカードローンで返済する様になる「キャッシング機能」は、あくまでクレジットカードに付いている機能を利用して使えるサービスです。

カードを媒体にしなければサービスを利用するのは、ほとんど無理に等しいでしょう。




スポンサーリンク

キャッシング機能のメリットとデメリット

また、「キャッシング機能」はショッピングとは違って直に現金を借りられるのは特徴的です。

主なメリットは

  • 急な支払いや物入りな時に役立ちます。
    ショッピングはクレジットカード会社を介して支払いを成立させますから、現金支払いとは形が違うため、注意すべきです。
  • 借り入れという形で利用しますから、後から返済する義務が生じます。
    借り入れ上限値という設定があります。例えば50万円までが上限値だと、それ以上は借りる事ができません。
    よって一度に50万まで現金で借りる事が可能です。

デメリットになると

  • 借りた額よりも多めに返済しなければいけません。
    上乗せされる%は各金融会社によって変わりますから、計画的に使う必要性があります。
  • 借りに月々のカードローンが支払えなくなると、更に上乗せ金額が増してしまいます。

金融会社によって変化しますが、認識しておくべきです。







スポンサーリンク