友達から借りるよりキャッシングの方がよい訳
お金が足りなくて困っている時に友達から借りる方もいるでしょう。

仲のいい友達なら快く貸してくれる可能性はありますが、必ずしも借りられるとは限りません。

友達も生活がありお金のやりくりに関して自身と同じように生活費やさまざまな支払いをしているはずです。

そのため、金額によっては友達から借りることによって相手にかなりの負担をかけてしまうこともあります。



スポンサーリンク

お金の貸し借りで友達関係が崩れることも・・・それなら

急にお金が入り用になる場合や買い物などのしすぎでちょっとお金が足りないというような状況では、キャッシングを利用してみるといいでしょう。

友達に頼るというのも一つの方法ですが、相手に負担をかけたくない場合や友人とはいえお金に困っていることを知られたくないという方にとってキャッシングは便利です。

身内や友達などそれなりに親しい間柄であっても、お金のやりとりをすることでトラブルに発展することもあります。

ちょっと借りたつもりですぐ返すつもりが金銭的に余裕がなく返すのが遅れてしまうこともあります。

それ以外にも返してからまた新たにお金を借りてしまうなど定期的に借りるくせがついてしまうと厄介です。

一回程度なら周囲に相談すれば貸してくれる可能性は高いですが、それが繰り返されると相手も不快に感じてしまう可能性もでてくるでしょう。

繰り返し借金をしてしまう状況は根本的に生活状況を改善しないことには解決しません。

友達であってもあまり繰り返しお金のやりとりをしているとそのうち愛想をつかして離れていってしまうこともあるでしょう。そのような状況に陥らないためにもお金を借りる場合にはキャッシングを利用していきましょう。

キャッシングで借りた後は、計画的な返済を

キャッシングを利用する際には審査がありますが、審査をクリアすればお金を借りることができるため申し込みをしてみるといいでしょう。

近年ではネットからでも申し込みなどができるため自宅などからでも簡単に申し込みができるのはメリットの一つです。

また、お金を借りるという点から金利手数料がかかりますが、その点もしっかり覚えておきましょう。

元金だけでなく金利手数料も必要になるため返済に関してはしっかりと返済ができるかどうか生活状況、収入などから判断することが大切です。

また、返済に関して延滞などをしてしまうとその後キャッシングの審査などで落ちてしまう可能性があるため、しっかりと返済を行うことが重要です。

金銭的にピンチな状況をキャッシングによって切り抜けた後は、返済をきちんと行い、生活状況を立て直すように心がけていきましょう。

無駄な出費を減らし節約を心がけ、貯金をしておくことで次にお金が必要になった場合に貯金で対処できるようになります。

あまり貯金をすることに慣れていない方にとって最初は難しいかもしれませんが、定期的に貯金をすることで金銭的余裕がうまれ、精神面においてもゆとりがうまれます。

生活状況を改善し、金銭的にもゆとりある生活ができるようにいろいろと自分なりに節約を心がけていきましょう。







スポンサーリンク