多重債務とキャッシング

  • 「友達の結婚式で急にお金が必要になった。」
  • 「お金を使いすぎて今月危ない。」

こういったお金に関する悩みは生きていくと必ず生じるものです。友達に借りたり親に借りたりという手段もありますが、信頼関係を損なったり、自分のプライドもズタズタになるためオススメできません。

実際、「金の切れ目が縁の切れ目」というほどお金に関するトラブルは避けたいところです。

そこで、クレジットカードを作るという手段があります。

クレジットカードというのは、お金を借りて使うことのできる後払いカードのことです。

ここでは、クレジットカードに関する情報を紹介していきます。



スポンサーリンク

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違い

クレジットカードの利用目的には、ショッピング枠キャッシング枠というものがあります。

ショッピング枠というのは文字通りショッピング目的で利用するお金のことです。

ショッピング枠が10万円の場合、クレジットカードとして利用できるのは10万円までということです。

パソコンなど金額が大きいものを購入する際に使用すると便利です。

一方、キャッシング枠というのは、文字通りキャッシング目的で利用するお金のことです。

キャッシングというのはお金を借りるということなので、お金自体が目的として利用するものです。

キャッシング枠が10万円の場合、10万円まで引き出して利用できるということです。

クレジットカードというのは、名前と住所と電話番号と職場情報など社会人として生活している方ならば誰でも簡単に作ることができるカードです。

実際、クレジットカードがあればカード一枚あれば色々な決済ができて便利です。

しかも、返済の際は一括払いや分割払いなど自分にあったプランで利用できるので非常に便利です。

しかし、最近クレジットカードの利用によって多重債務者が増えているという傾向があります。

多重債務の恐怖と対策方法

多重債務というのは、クレジットカードを色々なところで作って利用していまい返済するところが多すぎて返済が難しい状態のことを言います。

クレジットカードは作りやすいためついつい利用して後で悲惨な目に合うことが多々あるのです。

そのため、クレジットカードを作る際には一枚から二枚など自分に返済能力があるかどうかを確認したうえで発行することが大切です。

多重債務に陥ると、働いても働いても返済に追われてしまい安定した生活が送れなくなるのです。

多重債務で悩んでいる場合、弁護士に相談することが大切です。

弁護士が仲介人となって、返済に関する負担を和らげてくれるプランを提供してくれます。

クレジットカードは作るのは簡単ですが、利子が重なり返済になると借りた額より多く払うことになって、支払いの時に大変になるということを知っておくことが大切です。

クレジットカードの利用目的を改めて考え直してきちんと返済プランを考えたうえで発行することを考えておけば、クレジットカードは非常に有効活用できる優れものです。

クレジットカードを賢く使って有意義な人生を送ってみてはいかがでしょうか?







スポンサーリンク