失業者は基本的には消費者金融は利用ができません。消費者金融への申し込み条件には、「働いていて安定した収入がある方」という条件がついているからです。

クレジットカードのキャッシング枠についても、同様に働いていない人では厳しいでしょう。

ショッピング枠のみのクレジットカードなども失業者は審査に通ることが難しくなるので、クレジットカードについては失業をする前に作っておきましょう。



スポンサーリンク
しかし、アルバイトでもよいので働いている人なら、審査に通ることはあります。

老齢年金もしくは障害年金をもらっている人も、金融会社によっては安定した収入として認めてくれるところもあるようです。

障害年金のみの人がクレジットカードの審査に通ったという体験談などはインターネット上で出ています。

失業中の人がどうしても消費者金融でお金を借りたいという場合には、パートやアルバイトでもよいので仕事をして収入を得るようにしましょう。

正社員として安定した収入を得ている人に比べると不利にはなりますが、パートやアルバイトでも10万円~20万円程度ならば借りられる可能性があります。

新規の人が借りられる金額の目安としては、正社員の人は50万円、派遣、契約社員の人は30万円~40万円、アルバイトやパートの人は10万円~20万円となるようです。

しかし、アルバイトでも大手企業で働いており、勤続年数が長い人ならば30万円以上を借りられることもあります。

50万円以下の小口融資を受けるだけの場合、基本的には給料明細などの収入証明書の提出は求められないので、働いてから1ヶ月が経過していない人でも借りられる可能性があります。

会社への電話確認をされるので、前年度の源泉徴収票や2ヶ月以上前の給料明細を提出して、その会社で働いているということを装ってもバレます。

勤務先情報などで嘘をついて申し込みをするということは絶対にやめておきましょう。

失業中の人で、すでに消費者金融のカードローンを保有しているという人は、その利用には十分に注意をしておきましょう。

若い人の場合、「すぐに仕事が見つかるから」と失業中でもお金を借りてしまうことがあるようです。

しかし、すぐに希望の仕事が見つかるとは限りません。

借金があるために焦ってしまい、追いつめられて希望とは全くことなる仕事をすることになってしまうということもあります。

失業中でお金が足りなくなったら、消費者金融を利用する前に国の制度の利用などを検討しましょう。

失業中でお金がないという場合に利用できる可能性がある制度としては、生活福祉資金貸付制度、生活保護などがあります。

日雇いアルバイトなどでもこなして自分の力でお金を稼ぐことが理想ですが、どうしてもお金が足りないという場合にはこれらの制度の利用を検討しましょう。

本当を言えば、失業をしたらその時点で消費者金融に連絡をしてカードローンの利用を止めてもらうべきでしょう。

しかし、3ヶ月くらいですぐに次の仕事が見つかるのであれば、連絡をしなくてもトラブルになる可能性は低いです。

しかし、その利用には十分に注意をしておくべきです。







スポンサーリンク