審査の無いキャッシングに注意

カードローンは使い道の決められていないフリーローンの1種として幅広く活用されています。

基本的な仕組みとしてはクレジットカードに上限額が設定されており、その範囲内であれば自由に使うことができます。







スポンサーリンク

カードローンは誰でもすぐに利用できるわけではなく、使うためにはカード会社の審査をクリアしなければなりません。

カード会社としてはお金を貸す側となるので、利用者の返済能力などをチェックする必要があるということです。

審査では利用できるかどうかのチェックだけでなく、上限額をどうするかといったことまで判定されます。

一般に安定した収入を持っていると審査が通りやすいとされています。

昨今では顧客かくとくのためのサービス競争が進んでいて、即日審査を行うところや審査のハードルを下げているところなどがあります。

カード会社にとってはこの審査の後は限度額の範囲内で実質的にお金を貸すことになるため、審査の重要性は高いと言えます。




スポンサーリンク

ところが、中には審査なしでカードローンを利用できるケースがあると言われています。

或いは名目上審査は用意されているものの、実質的には審査なしのような状態になっているケースもあります。

これはカード会社がいかにして顧客を獲得するかということで、激しいサービス競争が発生しその結果として誕生した仕組みです。

しかし、審査なしだからといってそのカードローンが必ずしもお得とは限りません。

そもそも審査とはカード会社がお金を貸すということに対するリスクを下げるために行うものです。

もし、お金を貸して返ってこなければその分の代償を負うことになります。

審査なしということはお金が返ってこないリスクを踏まえてお金を貸すということです。

カード会社はそのリスクを何らかの形でカバーする必要があります。

そこで金利を高めに設定している恐れがあります。

要するに審査を行わないことによってお金を貸すハードルを下げる代わりに金利を上げることで、リスクとリターンを釣り合わせるということです。

カード会社はお金を貸すことが仕事なのでリスクとリターンが釣り合わなければ、経営困難に陥ってしまいます。

利用者としても審査なしのカードローンの金利には注意が必要になります。

一般的な審査は一定の収入があれば、それほど厳しいハードルではありません。

そのため、審査がしっかりと行われているところに申し込んでも問題なく借りられるケースが多いです。

審査をしていないところに借りるのは最後の手段とも言えます。







スポンサーリンク