絶対手を出してはいけないキャッシング
急にお金が必要になった時や、手持ちのお金がない時に、便利に利用できるのがキャッシングです。

近年では即日で融資が受けられるキャッシング会社も多くみられ、なかには審査が30分ほどで終わるところもみられます。

非常に便利で利用しやすいキャッシングですか、利用しやすいからこそ注意して利用しなければなりません。

審査が甘い、すぐに借りられるなど、よく調べもせずに簡単に利用する会社を決めてしまうと、後になって大きなトラブルに巻き込まれる可能性も大いに考えられます。

実際にキャッシングを利用した人の中には、闇金融に手を出してしまったり、また闇金融とは知らないで利用しやすいからという理由で、お金を借りてしまうケースも多く見られます。







スポンサーリンク

絶対に手を出してはいけないキャッシングとは?

どのような理由があろうとも、絶対に手を出してはいけないキャッシングが闇金です。

しかし闇金融の中には、自分の会社が闇金融であることを明言しているところはないでしょう。

つまり闇金融は本来の姿をかくしながら、合法で営業している金融会社の中に、巧妙な技を使って紛れ込んでいるということです。

そのため闇金融とは知らずにお金を借りてしまったという人も多くみられるのです。

闇金融と正規の金融業者を区別する方法としては、賃金業登録をしているか、していないかという点が挙げられます。

しかし闇金融の中には、ニセモノの賃金業登録を掲げて業務を行っているところも多く見られます。

そして有名な企業の名前とよく似た名称を使って、まるで本物の有名企業と関係があるかのように装っている闇金融も見られます。

このように巧妙な手口を使い、本来の姿をかくしながら、それにだまされる客を狙っているということになります。

絶対に手を出してはいけない闇金融は、非常に恐ろしいものです。

闇金融とは法律を守ることのない違法な会社であるため、様々な技法業務を行います。

もっとも有名な違法業務が利息についてです。

利息については法律があり、法律では年20パーセントが上限金利となっています。

しかし闇金融の中には年30パーセント、年40パーセントなどという考えられない高金利で営業しているところが多く見られます。

このような高金利でお金を借りてしまうと、返済することができなくなってしまうので、これを返済するために、さらにもっと高い金利で融資を受けることになります。

これにより徐々に泥沼にはまることになり、借金から抜け出せなくなってしまうのです。







スポンサーリンク